メールフォーム
rpfの日々の気づき WR8700n のファームウェアがアップデート
プロフィール

r.p.f

Author:r.p.f
もの作り、電子工作、コンピュータ一般のページ

何かを作る事が好きなコンピュータおたくです。

もの作りやコンピュータなどで日々の気づきを書いて行こうと思っています。

NeXTSTEP派からMacOSX派へ改宗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



WR8700n のファームウェアがアップデート

...2011/02/06 09:32...



愛機 WR8700n のファームウェアが1月28日にバージョンアップされていることに気づく。

バージョンアップの主な売りは、

1. Dynamic DNS に対応した。
2. Wake on LAN に対応した。

1.は biglobe が提供する Dynamic DNS のみに対応。Biglobe の DDNS サービスは月額200円。

私は、WR8700n を単なる無線LANアクセスポイントとしてしか設定していない。Biglobe の DDNS サービスは使用する予定なく、出来ればフリーの DDNS サービスを使いたい。メインのブロードバンドルータは、MN8300 を使用していて、こちらは、DynDNS や有名所の DDNSサービスに対応している。

しかし、フリーの場合、一ヶ月に一度 IP アドレスを更新しないとアカウントを削除される。通常の PPP 接続であれば問題ない。けれども、私の場合 TEPCOひかりがサービスを終了してしまい Au ひかりへ移行しなければならない。Auひかりの場合、PPP接続ではなくDHCP 接続で IPアドレスが固定されてしまう。そうするとフリーの DDNS サービスが使えない。DynDNS などにお金を払って維持しないといけなくなることに気づく。

2. について、ローカルネットワーク内ではあるが、WR8700n を利用して Wake on LAN に成功し検証完了。








この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://cellcomputing.blog63.fc2.com/tb.php/338-38a71b11
CALENDER
10 ⇔ 2017/11 ⇔ 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





MonotaRO (モノタロウ)【法人向けストア】







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。