メールフォーム
rpfの日々の気づき Appleworks が Snow Leopard 環境で動いた
プロフィール

r.p.f

Author:r.p.f
もの作り、電子工作、コンピュータ一般のページ

何かを作る事が好きなコンピュータおたくです。

もの作りやコンピュータなどで日々の気づきを書いて行こうと思っています。

NeXTSTEP派からMacOSX派へ改宗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



Appleworks が Snow Leopard 環境で動いた

...2010/04/30 18:49...

Classic 環境がないと動かないと思っていたが Rosetta で Appleworks 動いた! 凄く嬉しい。

一番最初に出た G4 Mac mini を買った時に Appleworks が default で付いていた。この頃は、Omni Outliner, OmniGraffle, Graphic Converter X などの素晴らしいツールがバンドルされていた。 Nanosaur2 と Marble Blast Gold も一緒に付いていた。

最近の Mac は良いツールがバンドルされていないのが寂しい。

特に、Omni Outliner は、iWork の Keynote を使うようになってから必須ツールとなった。昔、MacOS で Aldus Persuation を愛用していた。Persuation には、アウトライン機能があってアウトラインで全体の発表構想を決めてから個々のページの詳細を作成することに慣れていたのでアウトラインを当初書けなかった PowerPoint は好きになれなかった。最も、今は PowerPoint もアウトライン機能をサポートしているが、これは、Persuation からアイディアを貰って来たに過ぎない。

http://en.wikipedia.org/wiki/Adobe_Persuasion

Persuation は、Adobe に買収されてその後、作られなくなって悲しかったが、そういえば、Microsoft が OLE1.0 は、Macintosh 用に出していたが OLE2.0 は出さないようになってそれが原因だったか、なるほど。







この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://cellcomputing.blog63.fc2.com/tb.php/295-96f9393b
CALENDER
10 ⇔ 2017/11 ⇔ 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





MonotaRO (モノタロウ)【法人向けストア】







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。