メールフォーム
rpfの日々の気づき 「ほんもの」のアンティーク家具
プロフィール

r.p.f

Author:r.p.f
もの作り、電子工作、コンピュータ一般のページ

何かを作る事が好きなコンピュータおたくです。

もの作りやコンピュータなどで日々の気づきを書いて行こうと思っています。

NeXTSTEP派からMacOSX派へ改宗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



「ほんもの」のアンティーク家具

...2007/08/13 20:21...



吉谷博光さんのお陰で新しい出会いがあった。吉谷さんのお名前で google を検索していたら塩見さんのページを発見。WEST END OF TOKYO でアンティーク家具屋を経営されていて吉谷さんも買い物に行かれるらしい。

優れたデザイナーというものは先にコンセプトがあるものである。吉谷さんが惹かれるコンセプトは何かこの本を読んで少しだけわかったような気がした。

「買ったばかりのときだけが最高で古びていくにつれて魅力が薄れてしまうものなんてつまらない」
          吉谷博光 イギリス的優雅な貧乏暮らしより

ここに本質があるような気がした。塩見さんもこの本で強く訴えようとしていることはそういうことのような気がした。

インチや尺貫法について認識を新たにしたこともこの本での収穫。黄金比のような美しい比率のようなものが人間そのものが持っているものだということなのだろう。

塩見さんのところでは、家具の修理方法の講習会もあるようだ。今度、私も是非お邪魔してみたい。







この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://cellcomputing.blog63.fc2.com/tb.php/119-a98ea768
CALENDER
08 ⇔ 2018/09 ⇔ 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





MonotaRO (モノタロウ)【法人向けストア】