メールフォーム
rpfの日々の気づき 2009年11月
プロフィール

r.p.f

Author:r.p.f
もの作り、電子工作、コンピュータ一般のページ

何かを作る事が好きなコンピュータおたくです。

もの作りやコンピュータなどで日々の気づきを書いて行こうと思っています。

NeXTSTEP派からMacOSX派へ改宗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



ナチュラルペイントブック

...2009/11/07 09:15...



日本では、あまりボピュラーではないが欧米では、自分で壁を塗ったり、壁紙を張ったり、床板を張ったりといった DIY をするのが普通に行われている。特に、本書は伝統的な塗装方法を紹介した本。

以前から西洋絵画の技術とこの伝統的な壁塗り手法には共通点があるのではないかと思っていたが、それが間違いではなかったことを理解できた。

伝統的と言っても、とても身近な材料から作られる。
たとえば、クォークチーズ。これにアルカリ性のものを入れると完全に溶けて水溶性の塗料となる。アルカリ性のものにはホウ砂などがある。これは、牛乳やチーズなどの主要な構成要素であるカゼインというタンパク質を利用した塗料である。

ソフトディステンバーという物が紹介されているが、これは、白亜(ムードン)を兎膠に入れた所謂、油彩画の吸収性下地で、そこに顔料を入れて塗料として壁に塗ってしまう。英国に Farrow&Ball という伝統的塗料会社があるが、ここの製品はソフトディステンバーである。白亜は、黒板のチョークであり、画材店に行けばホルベイン製のものなど簡単に入手できる。ホルベインのものはスペイン産、blanc de l'Espagneである。兎膠も同様。

(本書の中では、加工されたホワイディングと書かれているものが白亜のことである。採掘されたものは粘土質を含んでいるのでグレー系の色を最初しているがこの粘土質を取り除いた純白のものを加工されたと称していると思われる)

他にもいろいろなレシピが美しい写真と共に紹介されている。必見

スポンサーサイト









CALENDER
09 ⇔ 2009/11 ⇔ 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





MonotaRO (モノタロウ)【法人向けストア】







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。