メールフォーム
rpfの日々の気づき 2007年11月
プロフィール

r.p.f

Author:r.p.f
もの作り、電子工作、コンピュータ一般のページ

何かを作る事が好きなコンピュータおたくです。

もの作りやコンピュータなどで日々の気づきを書いて行こうと思っています。

NeXTSTEP派からMacOSX派へ改宗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



妖精の場所

...2007/11/28 21:01...






素敵な案内状を頂く。福岡のギャラリーMORITAで小林健二さんの個展が開かれる。行きたいなあ。

今、ギャラリーMORITAのトップページは必見。

http://www.g-morita.com/html/top.html

小林健二さんの作品が次々と現れる。

スポンサーサイト




[小林健二氏研究 2] 無気力な日常

...2007/11/26 21:45...

「ぼくらの鉱石ラジオ」の36ページから、僕と鉱石ラジオという章が始まる。小林さんの生い立ちから始まるのだが、そこに1枚の写真がある。写真には「蓄晃堂」の文字が。その看板の下には、神田区鍛冶町○と書かれている。神田区とは、現在の千代田区であり、1947年に麹町区と神田区が合併された。つまり、この写真は、1947年以前に撮られた写真である。第2次世界大戦、この辺りも東京大空襲で焼け野原になったはずなので、戦前の写真なのではないだろうか。

看板の上には、渦巻きのネオンが光っている。この渦巻き、小林さんの屋号らしい。

小林さんのホームページのプロフィールに行くと「無気力な日常」と題された作品が見られる。真ん中の錆びた戸のような作品の真ん中に渦巻きが描かれている。1982年の作品とあるので家を出られたばかりの頃なのだろうか?小林さんの複雑な想いが込められた作品の気がしてならないのだが ...

上野のアメ横にある蓄晃堂さんが現在の蓄晃堂さんなんだろうか?小林さんによると小林さんのお兄さんが現在は営まれていると書かれている。







[小林健二氏研究1] 銀河I号

...2007/11/25 20:51...

ふと気づいた。「ぼくらの鉱石ラジオ」の最初のほうで美しい写真でメーカーの鉱石ラジオが紹介されている。18ページに、KOA MFG Co. という日本のメーカーのメロディークリスタルラジオという鉱石ラジオが紹介されている。全体が水色で、アンテナとイヤホンを繋げる端子がはっきりとした青と赤のポップな感じのものが付いている。

銀河通信社の銀河 I号のデザインは絶対にこれに影響を受けたんだよなあと思える。銘板に、土星や星が描かれるところが小林さんらしさなんだと思うけど。





銀河通信社のホームページでアップデートあり

...2007/11/23 23:59...

NEWS がアップデートされ、Suite Crystal が追加されました。
CD をクリックするとアクションあり。あー、新しく現れた CD はどうなってしまうのかしら?

トップページの銀河通信の文字。以前は明滅していなかったような気がするのは気のせいでしょうか?





明治時代との対話 - 絵の具製造法

...2007/11/17 23:59...




明治37年初版の本。この写真では分かりにくいかもしれないが「禁門出 治三郎文庫」と判がある。治三郎とはいかなる人物か?まさかとは思うのだが最後の連合艦隊司令長官、小澤治三郎所蔵だったなんてことはないだろうか?明治37年は、小澤治三郎は海軍兵学校にいた時代。定価金八拾五銭とある。米10kg 1圓ぐらいの時代。このような高価なものを購入できた可能性があるのは軍人や医者など一部の人達だったであろう。






古色の付け方

...2007/11/13 20:49...

クリスタルラジオさんとお話をしていて「古色の大好きな小林健二さん」という話題になった。実は、随分前からこの古色をどうやって付けるとか?ということについて調べている。

日本語の書籍を探してみたがよさそうなものが見つからない。是非、識者の方々に情報を頂きたい。洋書は見つけたが数が結構あり、これまたどれがお薦めなのかよくわからない。

こういうときは、私の手段はネットでググるのである。面白いものを見つけた。純粋な日本家屋だったらえの油や柿渋に弁柄を混ぜて塗るのである。そうすると赤みが強くなって古っぽくなる。これって洋家具のアンティーク家具がマホガニーの上から更に真っ赤になっているのに似ているなあ、面白いと思った。

が、これは私が求めている方向性とは違う。小林健二さん、大人の工作読本 No.6 で額縁を作るのに使った工具を紹介されている。この中に画溶液の写真がある。その写真の説明に

「額の下地を作ったりする粉や古びさせたりヒビを入れて古くみせるためのニスなど」

という説明書きが書かれている。しかし、この写真小さくてピンに書かれているラベルが読めない。フランス語っぽいのはなんとか分かる。以前からこれを見ては溜め息をついていたのだが、ふと自分の机の上に目をやると、あるではないか、拡大鏡。拡大鏡片手に目を凝らすと、よ・め・た。

Vernis a Vieillir

古びを帯びさせるニスという意味である。これでググッたところ、Lefranc のものが出てくる。Lefranc とは、油絵の具などのを作って売っているフランスのメーカー。で、今一度、写真に目をやるとかろうじて Lefranc という文字が見える。これだー。やったー。その写真のピンの隣には Lukas というドイツのメーカーのものが並んでおりこれもヒビを入れたり古びを帯びさせるニスであることが判明。





絵乃具の製造法

...2007/11/12 21:30...

芸術家の小林健二さん、2002年に福岡でトークショーをされたらしい。

http://www.g-morita.com/gakuseikai/html/report.html

けやき通り学生会の人達がレポートしてくれている。小林さんが小林さんの所蔵する本を紹介されたとある。その中で「絵乃具の製造法」という本も紹介されたらしい。この本を小林さんが熟読されたと言うのはどこかで読んだ気がする。このページで入手困難で小林さん自身、国会図書館から借りてコピーされたと書かれている。

この本、明治時代に書かれた本である。当然、入手は困難であろう。ところが、

古本屋で見つけてしまったのである。思わず、金額を全く確認することなく買ってしまった。

P.S.
このけやき通り学生会のレポートの写真、きっと小林健二さんが自身で撮られた写真と思われる。もっと大きな絵で見たい。





小林健二さんの土星はなぜ青いのか?

...2007/11/11 23:02...

芸術家、小林健二さんの土星望遠鏡。土星が青く輝いている。なぜか?先日、幻的期間限定で、ある女性が質問していた。小林さん曰く、

「小学生の時に望遠鏡を作りました。僕の時代には、皆、望遠鏡を自作することが当たり前だったんです。そして、作った望遠鏡で見た土星は青かったんです。理由は分かっています。色収差がありまして正しい色収差の望遠鏡なら白っぽくみえるでしょう。でも、当時、僕が作れた望遠鏡では青だったんです。土星を観測するのは難しいんですよ。赤道儀があれば、土星の動きを追いかけられますが、ないとすぐに見失ってしまう。」

私も天体望遠鏡を作ってみたくなった。こう思ったのは初めてではない。実は私も小学生の時に制作してみたいと思ったことがある。だが、情報もなかったし、あったとしても田舎の小学生に材料を揃えることは誠に困難で、なおかつ、親にねだることができるような経済状態でもないことを一番よく知っていた。当家にとっては経済的に一番大変な時期であったのだから。

だが、今は自分の稼ぎでなんとかなる。





ついふらふらと - Apple ワイヤレスキーボード

...2007/11/07 20:59...




やっぱり買ってしまいました。







銀河通信社の袋 (1)

...2007/11/03 00:42...






同じ写真のセピア色バージョンをお届け。





945圓の幸せ

...2007/11/02 15:41...






休日はフラリと本屋に行く。鉱石フェアというのをやっていて黄鉄鉱とラピスラズリの原石を買ってしまった。黄鉄鉱は、火打石。ハンマーなどで叩くと火花が出る。半導体性があり、鉱石ラジオの検波に使える。ラピスラズリは、青色の元。シルクロードを金よりも高値で取引された時代があるのだそうだ。黄鉄鉱は、ペルー産。ラピスラズリは、アフガニスタン産のもの。










CALENDER
10 ⇔ 2007/11 ⇔ 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:





MonotaRO (モノタロウ)【法人向けストア】







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。